西原隆先生(愛媛県バドミントン協会指導強化部)
平成15年1月1日
ダブルスのプレー傾向

ダブルスのプレー傾向  トップ・サイド・バイ・サイド・システムの日も近い!?

近年トッププレイヤーのダブルスでは以下の傾向が出現しています。

@       ショートグリップの採用。

インドネシアのSigit BudiartoChandra Wijiayaに代表されるグリップ方式です。グリップキャップ周辺のシャフトの根本あたりを握る方法です。操作性がより高くなり、特に前衛でのプレーに有効です。

ラケットの「高反発化」「ロング化」「スィートエリアの拡大」から可能になった現象でしょう。すでにかなりのジュニアプレイヤーに浸透しています。

A       重心移動(前方への倒れ込み)を利用したレシーブ。

レシーブの時に、身体の重心を前方に倒れ込むことを利用した方法です。自分の足底部の大きさ程前に、水平前進するように倒れ込み、重心移動を加えることでパワーを生み出す技術です。左右どちらでも状況に応じて使い分けをします。

B       ディープ(深い)・ディフェンスからシャロー(浅い)・ディフェンスへ。

Aのレシーブ方法やラケットの改善により、コート後方エリアでのレシーブはかつてに比べ減少しています。コート中央エリアでタッチを速くして、素速くドライブで相手コートに切り込むプレーがより増加しています。

C       サイドステップやタップでのリズム取り。

相手方の攻撃を受けるときに、小刻みなステップを繰り返し、リズムを取ってディフェンス体制を作っています。相手方のディセプションにかかることを防いだり、Aの技術の利用を可能にするためです。前述のChandra Wijiayaらが代表的です。

D       ウェッジ(くさび型)・ディフェンス時に両足をネットに対して並行に構えない。

   相手方の攻撃を受けるときに、両足をネットに対して並行に構えず、どちらかの足が少し前に出て構えるスタイルが多くなっています。相手に対してコースのヤマを張ったり、アタックコースの誘導を狙ったり、Aの技術の出現を図るためだと思われます。

E       ショートサービスの増加、クリアー使用の減少。

@からDの技術の出現は、ダブルスにおいてより低空でのラリーを増加させています。ショートサービスで始まり、ドライブ戦が3〜4ラリー行われ、ロブからスマッシュ、ドライブという戦いが典型的です。このためクリアーの使用が減少傾向にあります。ネット前にいかに素速く詰めていくか。より激しく、厳しいラリー能力が要求されています。

F       サービスレシーブ時に、左足からランジしてプッシュへ。(右利きのプレーヤーの場合)

右利きのプレーヤーの場合、これまでサービスレシーブは、左足を軸にしたピボットで右足からランジしてプッシュが通例でした。しかし、ここ数年で右足を軸にして、左足をそのまま前方にランジするケースが多く見られています。特に左コート側で目立ちます。