西原隆先生(愛媛県バドミントン協会指導強化部)
平成15年1月1日
シングルスのプレー傾向

シングルスのプレー傾向  オールショートの応酬!全盛期か?

最近のシングルス(主に男子)には次のような傾向が出ています。

 

@       スマッシュの多用。クリアーの減少。

トレーニング方法の進化やラケットの改善(軽量化、高反発化、ロング化)は以前に増してハードなアタックを可能にしました。このため、すきあらばスマッシュを主体に攻め込むプレーが多くなっています。それ故、特に男子においては、クリアーの減少を引き起こしています。また、ラリー数もかつてに比べ減少傾向にあります。

 

A       オールショート系の応酬。

@の現象は、いきおいラリーがさながらオールショートの繰り返しという事態を出現させています。ネット前からロブとなれば、すかさずアタックに入ったり、クリアーに対してアタックをしかけたり等、ラリーを積極的に切る傾向が強まっています。

 

B       ショートサービス使用の増加。

@やAの状況が増えるに連れ、サービスの始まりがショートサービスで、という場合が多くなっています。相手からのアタックを極力さけ、自らはアタックしやすい状況を創出する意図が現れています。

 

C       ボディアタックやセンター周辺へのリターンの増加。

ハードアタックをあえてボディへ持っていき、ネットへのリターンを誘発し自らは前にラッシュ(スマッシュアンドラッシュ)するプレーも増えています。これも、ネット周辺をより速く、優位に支配しようとする意図の現れです。

 

D       センター周辺へのヘアピンリターンの増加。

Bの現象のため、ショートサービス・リターンはとりあえずコート中央周辺へのヘアピンというパターンが増えています。コート中央へのリターンは、相手方が左右両サイドどちらに打ってきても、両眼の前で次の現象が起きます。このため次への対応がしやすいことがその理由としてあげられます。

 

E       あえて同じ所、狭いスペースを攻める。

物理学でいう慣性の法則を利用した攻め方です。1度仕掛けた所へ、あえて続けて攻める方法です。コート中央に戻ろうとする動きに対して、ストップをかけさせ負荷をより強くかけさせることがねらいです。オープンスペースに打ち込まず、クローズスペース(狭いスペース)へ打ち込む訳です。